http://www.samurai-nippon.net日本刀、刀装具、刀剣用具 販売 専門店 Japanese Swords &Antiques mega shop!!


 
月刊コレクション情報 会員募集
 
見本誌無料 日本刀掲載数1!! 日本が誇る伝統の美、刀剣類の最新情報を配信!! 毎月絶対見逃せない・愛刀家の為の必読雑誌
月刊コレクション情報は年間購読料たったの¥2.400で毎月(15回)指定のご住所へお届けします。まずは見本誌(3ヶ月無料)をお申し込み下さい。
  月刊コレクション情報 Dear Customers from all over the world. 
You can purcase all items showing in this website and it is possible to subscribe our monthly magazine from all over the world!! ( 3 months for free!!).
If you are interested in, please contacut us by e-mail info@samurai-nippon.net
We are very pleased to introduce our authentic real Japanese Antiques for you.
下取り大歓迎!! お手持ちの刀剣類や刀装具類を下取り品としてご購入頂く事が可能です。どんなものでもまずはお気軽にご相談下さい。
日本刀、刀剣、槍、販売品一覧  / / 3/  / /



 短刀 銘 兼貞(かねさだ) 
Tantou:Kanesada / NBTHK:Hozon

 古刀・美濃 戦国期 探山先生鞘書き付き 保存刀剣鑑定書
日本刀 詳細写真
刃長:26.4(八寸七分) 反り:なし 元幅:2.63 元重ね:0.63 穴3(内1埋)

「コメント」
「貞」の字を切る兼貞は通称を「蜂屋兼貞・はちやかねさだ」と言い、今でも岐阜県美濃加茂市に蜂屋の地名があり、高級な蜂屋柿の産地としてその名を残しています。拵えの関係でしょうが、磨り上げがありますが、鍛え素晴らしく、力強い銘もしっかり残った重ね厚の短刀です。
商品番号:836
価格:¥280,000

 刀 銘 越前守源信吉(えちぜんのかみみなもとのぶよし) 
Katana:Etizennokamiminamotonobuyoshi / NBTHK:Hozon

 新刀・摂津 江戸前期 拵え入り 業物 保存刀剣鑑定書付き
日本刀 詳細写真
刃長:71.0(二尺三寸四分強) 反り:1.4 元幅:3.21 先幅:2.00 元重ね:0.77 先重ね:0.52 穴1

「コメント」
業物、越前守信吉の刀です。
越前守信吉は山城初代信吉の三男、江戸時代延宝から元禄頃に活躍した、信吉各代の中で最も優れた刀匠です。 この刀は、強靱に鍛えられた地鉄に、中直刃が焼かれ、小沸え付いた刃縁には金筋が絡み、所々喰い違い刃を見せ、如何に武用を旨とした業物のという作柄です。 入れられた拵えは、江戸後期頃の半太刀拵え、若干の傷みはありますが、鐔なども変えられておらず当時の雰囲気をそのまま残しています。 沸え深く井上真改の出来を偲ばせるといわれる、生ぶ茎在銘、越前守信吉の刀です。 拵えに入れられたままの状態の生ぶ品です。若干くもりが見られます。 研ぎをかけ、白鞘に入れられることをお薦めします。
商品番号:823
価格:¥580,000

 刀 銘 小田原八幡山住清平(おだわらはちまんやまじゅうきよひら) 
Katana:Odawarahatimannyamazyuukiyohira / NBTHK:Tokubetsu-Hozon

 新刀・相模 特別保存鑑定書付き
日本刀 詳細写真
刃長:71.5(二尺三寸六分弱) 反り:1.9 元幅:3.25 先幅:2.06 元重ね:0.80 先重ね:0.57 穴1

「コメント」
身幅広く、刃文華やかな初代清平の美しい刀です。
清平は、名を辻村五郎左衛門といい加賀初代甚六兼若の四男として生まれ、慶安末頃に江戸に出て、江戸新刀の作風を取り入れた清平独特の作風生み出しています。美しく斬新な作風で評判となった清平は、老中であった小田原藩主稲葉正則の抱え鍛冶となり、小田原に移住、北条氏の城郭のあったとされる八幡山で鍛刀していたと伝えられています。 この刀は、八幡山住清平と銘していることから、小田原城内八幡山鍛冶曲輪での作刀であることが分ります。地沸え厚くついた素晴らしい地鉄に、父兼若を思わせる箱がかった刃を交えた互の目丁字乱れ刃を見事に焼いています。 無傷無欠点、八幡山清平の最高傑作です。
商品番号:V-1098
価格:¥1,300,000

 脇差 (寸延び短刀) 銘 備州長船清光(びしゅおさふねきよみつ) 元亀三年二月日(1571年) 
Wakizashi(sunnnobitanntou):Bisyuuosafunekiyomitu / NBTHK:Tokubetsu-Hozon

 古刀・備前 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き
日本刀 詳細写真
刃長:33.4(一尺一寸弱) 反り:0.4 元幅:2.99 元重ね:0.68 穴:2(1埋め)

「コメント」
五郎左衛門尉清光の子、孫右衛門尉清光と極められた名平脇差です。
清光は南北朝貞治頃を祖とし、戦国期まで代々続いたとされる一門です。 しかし、南北朝から室町前期の作はあまり見られず、その殆どは永正以降の戦国期の作です。その中でも、五郎左衛門尉、孫右衛門尉清光の作が傑出しています。 清光一派の作柄は、末備前の中では最もしっかりとした造り込みの頑強な作が見られる一門です。 この平脇差も、六百年もの時が経たとは思えぬ、身幅広く、重ね充分なしっかりした造り込み作、そして、僅かに研ぎ減りは見られるものの、剣巻き龍の生ぶ彫りは実に見事で雰囲気があります。 ほぼ無傷無欠点、上鍛えの刀身、趣きある生ぶ彫り、裏茎には元亀年紀も刻され申し分ありません。 付随する拵えも、江戸期ならではの趣向が凝らされた逸品です。 どうぞ、末備前平脇差の傑作を是非共この機会に!!
商品番号:V-1096

 刀 無銘(古三原)(こみはら)  
Katana:Mumei(Komihara

 古刀・備後 南北朝期 探山先生鞘書き
日本刀 詳細写真
刃長:68.6(二尺二寸六分) 反り:1.1 元幅:3.15 先幅:2.14 元重ね:0.65 先重ね:0.46穴3

「コメント」
地刃共に美しく冴え、南北朝期の古三原と極められた刀です。
古三原とは、南北朝期、備後国で鍛刀していた三原正家一門の総称です。祖である三原正家が大和手掻系の鍛冶であることから、三原鍛冶は隣国備前とは違う、大和色の強い作柄を見せています。 この刀も正に大和伝法、古作大和を思わせる鍛えは、美しさと強靱さを兼ね備え、見るものを魅了して止みません。刃文も正に大和もの、二重刃、喰い違い刃に小足、葉入り、大和伝古刀ならではの魅力たっぷりです。 本来、三尺近くはあったであろうと想像される大太刀を慶長期頃に磨り上げ刀にされたものです。 南北朝争乱、応仁の乱、戦国期、幕末期と数多くの戦乱の歴史を潜り抜けた刀ながら、美しさと健全さを今もなお保っています。 一生ものの愛刀として、必ずやお楽しみいただける名刀です。
商品番号:V-1094

 剣 銘 寶剣 月山貞勝謹作(がっさんさだかつつつしんでつくる) 昭和十年八月吉日・花押 
Ken:Houkenn Gassammsadakatututusinndetukuru / NBTHK:Tokubetsu-Kityou

 探山先生鞘書き 特別貴重刀剣認定書き
日本刀 詳細写真
刃長:25.6(八寸四分五厘) 反り:なし 元幅:2.46 先幅:2.47 元重ね:0.70 先重ね:0.60 穴:1

「コメント」
昭和十年作の月山貞勝による美しい綾杉鍛えの宝剣です。
月山貞勝は、明治二年、名工月山貞一の長男として生まれ、貞一の晩年には父を助け鍛刀し、代作を数多くこなしています。 貞一没後は月山家を継ぎ、天皇陛下の元帥刀を始め、宮家の御用刀を数多く製作し、大正期から昭和前期の激動期にかけて活躍した名工です。 そして、貞勝は、鍛刀だけでなく彫刻の才にも恵まれ、作品の多くには素晴らしい彫りが施されています。 この剣は鍛刀所を大坂から奈良県吉野に移した、昭和十年の作、第二次世界大戦前夜の殺気だった世相の中の作とは思えぬ、美しさと高貴な雰囲気を漂わせています。 穏やかな水面を見るが如き地鉄、刃縁からは小足頻りに入り、素剣、梵字の彫り素晴らしく、正に月山貞勝の最高傑作です。
商品番号:V-1090

 刀 銘 於江府大原長壽造之(えふにおいておおはらながとしこれをつくる) 元治二年正月吉日(1865年) 
Katana:Efunioiteooharanagatoshikorewotukuru / NBTHK:Hozon

 新々刀・武蔵 拵え入り 保存刀剣鑑定書付
日本刀 詳細写真
刃長:72.0(二尺三寸七分半) 反り:1.05 元幅:3.27 先幅:2.31 元重ね:0.68 先重ね:0.49 穴1

「コメント」
江戸麻布住、水心子正秀の門人と伝える、大原長壽の刀です。
幕末期特有の長寸で反りの少ない刀姿、地沸え細やかについた精良な地鉄、実戦を想定した中直刃、元治二年の年紀もあり、魅力的で斬れそうな刀です。 長壽はあまり見かける刀ではありませんが、鍛え、刃文を見ても中々上手い隠れた名工のようです。 若干傷みはありますが、幕末期そのままの拵えも雰囲気あり、お薦めです。
商品番号:808
価格:¥550,000

 刀 銘 出雲大掾藤原吉武(いずもだいじょうふじわらよしたけ)  
Katana:Izumodaizyoufuziwarayositake / NBTHK:Tokubetsu-Hozon 

 新刀・山城 江戸前期 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き
日本刀 詳細写真
刃長:66.5(二尺二寸弱) 反り:2.3 元幅:3.24 先幅:2.13 元重ね:0.77 先重ね:0.46 穴2

「コメント」
出来抜群、刃文華やかな、出雲大掾藤原吉武の刀です。
細やかな地沸えついた精良なる地鉄に、鎬にまでかからんとする逆丁字乱れ刃を焼いています。 一度に三寸もの磨り上げながら、身幅広く、重ね充分、地刃共にほぼ無傷無欠点、実に健全な吉武です。 若干傷みはありますが、江戸後期頃の半太刀拵えが付いています。
商品番号:804
価格:¥880,000

 脇差 銘 陸奥会津住宗光(むつあいづじゅうむねみつ) 嘉永六丑年二月日(1853年) 於秩父小鹿野造之 
Wakizashi:Mutuaiduzyuumunemitu

 新々刀・陸奥 拵え入り 
日本刀 詳細写真
刃長:44.8(一尺四寸八分弱) 反り:1.9 元幅:2.85 先幅:2.03 元重ね:0.63 先重ね:0.46 穴1

「コメント」
大変珍しい会津住宗光の脇差です。
宗光は、元興に師事し、薩摩の元平にも学んだとされる「宗寿」の門人、幕末最末期に活躍した会津の刀匠です。 この脇差は、反り深い姿、やや黒みがかった奥州地鉄に、三本杉刃を思わせる、互の目乱れ刃が焼かれています。 秩父小鹿野町は、幕末期「甲源一刀流」の開かれた地、幕末の剣士のために小鹿野町で作刀されたものでしょうか。資料的にも興味深いものです。 拵えも同時期のもの、綺麗な黒螺鈿散らし鞘の傷みはありません。
商品番号:766
価格:¥254,000

 刀 銘 上野國長岡行治(こうずけのくにながおかゆきはる) 昭和六十三年八月吉日 
Katana:Kouzukenokuninagaokayukiharu / NBTHK:Hozon

 現代・群馬 保存刀剣鑑定書
日本刀 詳細写真
刃長:79.6(二尺六寸三分弱) 反り:2.1 元幅:3.45 先幅:2.64 元重ね:0.77 先重ね:0.62 穴1

「コメント」
長岡行治は群馬県佐波郡東村大字国定で鍛刀していた刀匠です。
東村国定とは、かの有名な幕末の博徒「国定忠治」の出身地、忠治は本名を長岡忠次郎といい、名字まで長岡行治と同じです。国定忠治は国定村の豪農の出、行治刀匠は、一族の末裔と考えられます。 二尺六寸強、身幅広く、実に豪壮な姿に、華やかな小互の目乱れを綺麗に焼いています。 ほぼ無傷無欠点、華やかで迫力満点な刀、お薦めです。
商品番号:755
価格:¥456,000

 刀 銘 豊州藤原久重(ほうしゅうふじわらひさしげ) 天文二年八月日(1533年) 
Katana:Housyuufuziwarahisashige / NBTHK:Hozon

 古刀・豊後(薩摩) 保存刀剣鑑定書付き 保存刀剣鑑定書付き
日本刀 詳細写真
刃長:69.2(二尺二寸八分強) 反り:1.6 元幅:3.01 先幅:1.67 元重ね:0.72 先重ね:0.40 穴2(内1忍)

「コメント」
世にも珍しい、薩摩波平鍛冶が豊後にて作刀した刀です。
良く練れて、地沸えつき末波平独特の鍛え肌を見せています。銘鑑にはその名はありませんが、当時、波平久安、久行など、久の付く鍛冶は多数見られたので、その一派でしょう。茎尻の形状、鑢目、雅味ある銘ぶりなどからしても、正に室町期の波平を思わせるものです。 天文の裏年紀もあり、大変珍しい資料として一級品です。
商品番号:722
価格:特価¥500,000






このページのTOPへ戻る


次へ NEXT PAGE前へ GO FRONT PAGE




日本刀、刀剣、刀装具通信販売 会社情報 | お問合せ | 相互リンク | Privacy Policy | Contact Us(English) | Copyright ©2007 Collection Information Co.,Ltd. ALL ri ghts reserved.