http://www.samurai-nippon.net日本刀、刀装具、刀剣用具 販売 専門店 Japanese Swords &Antiques mega shop!!

<

刀 銘 兼元 
Katana:

古刀・美濃 室町後期 時代拵え付き 日本美術刀剣保存協会:特別保存鑑定 
刃長:69.2cm(二尺二寸八分) 反り:1.45cm 元幅:3.09cm 先幅:2.65cm 元重ね:0.65cm 先重ね:0.56cm 目釘穴:1



変形菖蒲造り(横手あり)、庵棟。 鍛え、小板目肌処々強く流れ地沸つき地鉄良好鎬寄りにやや白け心あり。 刃文、焼き幅低く三本杉風の尖り互の目刃・小互の目・小湾れが交じり匂口柔らかく沸つき刃中砂流し盛んに掛かり刃縁には打ちのけ掛かる。 帽子、刃文のまま乱れ込み尖り気味にやや長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢鷹の羽。 銅に金着せハバキ。 研磨十分。 白鞘入り。 

時代打刀拵え(柄・白糸巻き 縁・頭、赤銅魚子地金象嵌雨龍図 目貫、赤銅地金象嵌雨龍図 鐔、赤銅魚子地金象嵌雨龍図 鞘、黒石目地黒角笛塗り 鐺 下げ緒、黒)付き。

「コメント」
兼元家は、初・二代(孫六)ともに銘文に居住地を切ったものは全て赤坂住と切っていることから、終生赤坂で鍛刀していたと思われます。その後、赤坂と関の交流が盛んになってきた天文(1532〜1555)の終わり頃には兼元家の一門も関と赤坂に分かれて鍛刀し、新刀期以降も兼元の名跡は続いています。この兼元の作風を見ますと、地鉄は関物にしては詰んでいて、白け心にやや黒ずむ気味があります。刃文も後代の兼元に見る、尖り刃を三本一組して規則的に繰り返す匂口の締まった三本杉乱れとは大きく相違した穏やかでやや古調な趣を感じさせます。この大和の流れを汲む赤坂千手院と北陸物の影響が表れる作風は、初代・兼元に酷似していて、銘ぶりに至っては二代・孫六兼元に酷似しているのです。このことから推測しますと、この兼元は初・二代の最も近くで鍛刀を学んだ人物、孫六の弟か、或いは一門の一人ということになるでしょう。その人物が同じ赤坂の地で鍛刀したものか若しくは関に移住後してから鍛刀したものであると思われます。何れにしてもこの刀は、初・二代兼元の高弟であったと思われる兼元によって作られた、世にも珍しい一振りです。拵えがまた出来良く、龍の一作による金具と鐺には伊勢海老を配し豪壮に仕上げています。眺めて良し、飾っても良し、とにかく見逃せない夢のある一品です。
商品番号:V-490
¥2.300.000

    

このページのTOPへ戻る




日本刀、刀剣、刀装具通信販売 会社情報 | お問合せ | 相互リンク | Privacy Policy | Contact Us(English) | Copyright ©2007 Collection Information Co.,Ltd. ALL ri ghts reserved.